病原体

性病を簡単に防ぐもっとも簡単な方法は何でしょうか。
それは、男性器にコンドームを装着して性行為をすることです。
コンドームを装着して性行為をすると、少なくともHIVの99%を予防することができるようになりますので安全で楽しい性行為をすることができます。

しかし、すべての性病はコンドームを利用することによって事前に防ぐことができるわけではありません。
カンジダ症の症状のようにコンドームを利用したとしても防ぐことができないものもあるということを知っておかなくてはならないのです。
コンドームがカンジダ症に全く効果がないということではなく、多少なりとも予防の効果があります。
ですがそれは100%を保証してくれるものではないのです。

そもそも、性病に関連するウイルスというのは性器周辺にのみ生息しているわけではなく、粘膜が豊富な場所には高い確率で生息しています。
例えば、口内の中には感染率が非常に高いクラミジアが生息しています。
感染率が高いウイルスに関してはこうした場所からパートナーに対して感染させてしまうことが多いので注意が必要です。
クラミジアは日本でも非常に感染者数が多い性病ですので、もしなってしまった時はジスロマックなどの最近に有効な抗生物質ですぐに治療することが大切です。
ジスロマックは1錠飲むだけでクラミジアの治療ができる特効薬ともいえる存在です。
ジスロマックにはジェネリックのアジーがあるので、こちらを使うこともできます。
以前は病院でジスロマックを処方して貰う以外に方法はありませんでしたが、今は通販サイトでアジーを買える時代ですので、クラミジアの疑いがあるのなら利用した方が良いでしょう。

性行為をするときには、普通のノーマルなセックスだけではなくオーラルセックスを楽しむ人もいます。
オーラルセックスをするときには粘膜が存在するあらゆる場所に口をつけてしまう可能性がありますので、性病の感染率が通常の性行為の際よりも遥かに高いことを知っておきましょう。
こうしたセックスをする際にはコンドームを付けて性器を守っていたとしても関係なく相手に感染して症状が出てしまいます。

そして、厄介なことにこうして感染した性病は次の重たい性病を感染するための媒介となってしまうのでさらに注意をしなくてはいけません。
特に、HIVに関しては他の性病にすでに 感染している場合には感染確率が5倍以上にも跳ね上がる危険性があります。
もちろん、コンドームを利用することで防ぐことができる性病もありますがそれが全てではないということは念頭に置いておきましょう。

記事一覧

性病は性行為によってうつるものであるだけに、病院に行くのが恥ずかしいという人は多いものです。 しかし...

性病に対する理解の浸透によって予防と対策を個人が心がけられるようにしていくというのは現代日本にとって...

性行為をして少ししてから急性扁桃炎になった時には、性病に感染したというケースも考えられます。 特にオ...

危険なウィルス

性行為をするということは多かれ少なかれ性病に感染してしまうリスクを考えなければなりません。 性病の原...

白い錠剤と葉

性病は年齢に関係なく感染する病気です。 もちろん性交渉を行う相手がいてこそですが、それは高齢者でも関...

黄色いカプセルと葉

性病は他の病気と違って、感染経路の関係から病院に行くのをなるべく避けたいと考える人も多いものです。 ...

患者を診ている医者

性病に感染してしまうと様々な症状が出てくることが多々あります。 中には自覚症状がほとんどないものもあ...